悪いことばかりじゃなかった!カフェインのいいところ5つ

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

カフェインを摂りすぎるのは良くないと言われますが、適切な量を守れば私たちの体に素晴らしい効果をもたらしてくれます。(ちなみに私はカフェイン摂りすぎると動悸が始まります・・・)

 

カフェインのいいところ5つ

適度なカフェインは私たちの体にこんないいことをもたらしてくれます。

  • 疲労回復
  • 利尿作用(老廃物を出してくれる)
  • 血液循環・新陳代謝が活発に
  • 消化を促す(胃液の分泌が良くなる)
  • 脂肪燃焼効果(運動前の摂取で脂肪が燃えやすくなる)

実はカフェインにはこんな効果が期待できるんです。私の場合は、疲れたときの休憩としてカフェイン入りの飲み物を飲むことが多いですが、まさかダイエット効果も期待できるなんて・・・

こんなにいい効果があるなら、適度にカフェイン摂取していきたいですね。

 

カフェインは1日に100~300mgまでが適量!

カフェインの適度な摂取量は成人で1日に100~300mgまでが適切と言われています。コーヒーなら1日2~3杯程度、紅茶なら1日5杯程度です。

これ以上の摂取量になってくると、体に良くないので、適切な量を守って飲むようにしましょう。

 

カフェインは朝飲むな!

眠気覚ましに1杯と朝、コーヒーを飲む方も多いかなと思います。ですが、コーヒーや紅茶、緑茶などは8時から9時の朝の時間には飲まない方がいいみたいです。この時間にカフェインを摂取するとカフェインが効きにくい体になってしまうんだそうですよ。

あとは夕方以降もカフェインは避けて、なるべく9時半以降の午前中に飲むのがいいそうです。

カフェインにも時間帯によっては摂取を避けた方がいいこともあるんですね。朝の1杯はやってる方も多そうですがやめた方がよさそうですね。