【さつまいもの保存法】冷蔵庫に入れるとさつまいもが早く腐るってホント?

d0032abce150b6e401f8e614cb1f35af_s

さつまいも、今まで普通に野菜室に入れて保管してましたが、これ間違いだったみたいです。さつまいもは寒い場所が苦手なようで、冷蔵庫で保管すると逆にすぐ腐ってしまうんですって。

さつまいもを冷蔵庫に入れると低温障害を起こして腐りやすくなる

さつまいもを保存するときに適しているのが、13度~16度くらいの温度の環境とのこと。冷蔵庫の冷蔵室は、約3~5度、野菜室も5度くらいの温度しかないので、冷蔵庫でさつまいもを保存するのには向かないみたいです。

それどころか、逆に冷蔵庫に入れてしまうと、さつまいもが低温障害を起こしてしまい、早く腐ってしまうそうなんです。

なので、冬場にさつまいもをたくさんもらったりして、長く保存したいときは、冷蔵庫ではなく、常温での保存がオススメです。

適温で保存すれば、1ヵ月以上長持ちするらしい

さつまいもは適温(13度~16度くらい)で保管すると、1ヵ月以上長持ちさせれるようです。場合によっては、1ヵ月どころではなく、数か月腐らずにもつこともあるみたいですよ。

うちでも、さつまいもをたくさんもらって、冷蔵庫に入らず困って、そのまま台所に放置してましたが、そのさつまいも1ヵ月以上経っても、全然腐ってなくておいしく食べきれたんですよね。

そのときは不思議だったんですが、今思うと、適温で保存できていたから腐らずに食べきれたんだなぁと府に落ちました。

スーパーに年中出回ってるさつまいも。実は、秋に収穫されたものらしい

さつまいもって1年中、スーパーに置いてありますが、あれって秋に収穫されたものを上手に保存して、市場にまわしているみたいですね。

さすがに家庭では1年保存とまではいきませんが、家庭でも上手に保存すれば長持ちさせられるので、まずは「冷蔵庫に入れない」ということから始めてみるといいと思います。

土付きのさつまいもが保存するにはベスト!

土がついた状態のさつまいもが保存するのに一番いいようです。ある程度、土を払ったら、さつまいもを1本1本、新聞紙に包んで保管するといいそうですよ。

新聞紙に包むと、さつまいもを冷えから守れるので、めんどうですが、1本ずつ包んであげるとより長持ちさせることができるみたいです。

しかも、2週間くらい置いておけば、追熟してさつまいもがさらにおいしくなるみたいです。

さつまいもをたくさんもらうと、早く使い切らなきゃと思って、さつまいも料理ばかりになったり、大量消費できるレシピを探したりしてましたが、かなり日持ちする食材だと知れたので、これからは大量のさつまいもも最後までおいしく食べきれそうです。