たけのこって何分ゆでる?新米主婦でもわかる!たけのこ下処理方法教えます!

86f303ceb64d7d05aad61ff4ea0ff32a_s

新米主婦でもわかる!たけのこの下処理方法! 

周囲に田畑があるような場所に住んでいたりすると、突然、大きなたけのこをいただいたりします。

山で掘られた、茶色い皮を幾重にもまとった、生のたけのこ!

さあ、どうしましょう!?

スポンサーリンク

 

スーパーで売っている水煮のたけのこしか見たことがない人間にとっては、

どう扱っていいものか、さっぱりわかりません。

せっかく親切で持ってきて下さった物。

何とかして、食べなくちゃ。

でも、どうすればいいでしょうか?

たけのこは、エグ味があるので、下処理をしなくちゃいけません。

米ぬかはありますか?

米ぬかは、生のたけのこが売られている場所では、小袋に入って売っていたり、

近くにコイン精米機があれば、自由に持って帰ることができます。

それと、鷹の爪。

臭み消しになります。

さあ、いよいよたけのこです。

汚れが付いていたら、軽く洗ってくださいね。

皮は、むいちゃダメですよ!

皮には、エグ味をとる働きがあるんです。

まず、皮つきのままで、穂先のとがった部分を斜めにザクッと切り落とします。

それから、たて方向にも皮に切り込みを入れます。

いきなりゴロンと 転がったりするので、けがをしないように気を付けて。

手にあまるなら、無理しなくてもいいですよ。

たけのこを下処理するときは、水からゆでます。

鍋に、たけのこを丸のまま入れて、水をかぶるくらい入れます。

そこへ米ぬかを、ドバッとひとつかみ(1カップくらい)、

鷹の爪、2~3本いれて、火にかけます。

吹きこぼれない程度に、中火~弱火で、30分~1時間ほどゆでます。

中火~弱火? 30分~1時間? どうしてこんなに、幅があるの!?

それは、たけのこの大きさによって、変わるからです。

自分の家の、鍋の大きさや、コンロの火力に合わせて、

吹きこぼれずにコトコトゆでられる程度の火加減をキープしてください。

30分ほどゆでたら、竹串でたけのこの、根本の方を刺して、

固さを確かめてみましょう。

アクは、米ぬかが吸ってくれるので、アクとりはしなくていいですよ。

竹串が刺されば、ゆであがりです。

では、火を止めて、そのまま自然にさめるまで、放っておいてください。

3時間か、4時間か、それ以上でも、・・・

何か他の用事をすませて、次にあなたの手が空くまで。

その間にも、エグ味がぬけていきます。

さめたら、ゆで汁を捨てて、たけのこの皮を、ていねいに剥ぎとります。

これで、下処理の完了です!

ここのサイトにアクセスすれば、画像で確認できますよ。

https://cookpad.com/recipe/4427543

 意外と時間がかかる!?時間がない主婦必見!たけのこのゆで方【時短編】 

こんな大変なこと、とてもやっていられない!

米ぬかもないし、

もっと簡単で、時間のかからないやり方はないの?

それなら、米ぬかなしの、時短バージョンをやりましょう。

圧力鍋と、普通の鍋、2つのパターンを紹介します。

圧力鍋を使う場合、

まず、最初のやり方と同じように、切り込みを入れます。

米のとぎ汁(または水と米ひとつかみ)、鷹の爪、たけのこを入れて、

15分加圧します。

そのまま放置して、さめるまで待ちます。

皮をむいて、下処理完了です。

普通の鍋の場合、

切り込みを入れて、先に皮をむいちゃいます。

そして、調理する大きさに切ります。

さっきは、皮むいちゃダメっていったのに!?

時短のためなら、しかたありません。

鍋に、米のとぎ汁(または、水と米ひとつかみ)、たけのこを入れ、

15分、ブクブク出てくるアクを取りながら、ゆでます。

ゆで汁を捨てて、下処理完了!

こんなに簡単なら、このやり方でいいじゃん!

でも、このやり方だと、節の間の白い物質が、逃げちゃうんですよ。

そこが、たけのこで一番栄養のあるとこなんです。

機会があったら、栄養を逃がさないやり方にも、チャレンジしてくださいね。

あと、生のたけのこは、時間がたつほどエグ味が増えるので、

使う予定がなくても、下処理は早めにしてください。

水をはった容器に入れて、冷蔵庫で保存すれば、

2~3日は、もちます。

びんづめにして、長期保存する方法もあります。

長期保存の方法は、こちらから。

https://cookpad.com/recipe/2651818

では、おいしいたけのこ料理を作ってください。