電気代を安く!リビングの暖房器具で効率が良いのは?

4a8df6e33d3a3834635620c0fa9c76ea_s

本格的な冬を迎えると、エアコンやファンヒーターなどの使用が増えていきますね。 

そこで、暖房器具の電気代も気になるところです。 

できるだけ節約したいのは当然です。 

これからの寒さに備えて、電気代をなるべく節約して、リビングなどの広い範囲を暖められる暖房器具をご紹介しましょう。 

スポンサーリンク

 

電気代を安く抑えたい!リビングの暖房器具で効率が良いのは?

最も安い電気代で使える暖房器具、それは、「こたつ」でしょう。 

スイッチを入れてから暖まるまでの時間もとても短いですよね。 

気になる電気代ですが、一般的なこたつだと、1時間あたり4円〜5円と非常に低コストなんです。 

デメリットとしては、部屋全体は暖まらないことです。 

それって、リビングでいると部屋全体は寒いんじゃないの?って思いました?次に、この“こたつ”を利用して暖まる方法をご紹介します。 

暖房の効率をよくするためにやっておくといいこと

部屋全体を暖めるためのポイントは、こたつとあるものを併用するということです。 

それは、“オイルヒーター”を使うという方法です。 

オイルヒーターは、安全性についても非常に評価が高いです。

 

一般的なオイルヒーターを利用した場合、最も低い熱効率での運転になると電気代は1時間あたり12円ほどになります。 

本体内のオイルが過熱されて、本体の放熱によって起きる空気の自然対流で暖めます。 

温風を起こすわけではないので、空気の乾燥も避けることもできます。 

リビングやワンルームなどの比較的狭い空間でのオイルヒーターの使用は最適で、少ない電気代で部屋を暖めることが可能です。 

逆に、広い部屋に出力の低いタイプを使用してしまうと、電気代がむしろ高くなってしまうので注意してくださいね。 

こたつで手足をすぐに暖めて、オイルヒーターで部屋全体を暖めると効率よく暖まることができるでしょう。 

【まとめ】

これで、寒さ対策はばっちりですね。 

電気代を節約しながらも冬を暖かく過ごしたいですよね。 

こたつが一台あるとコストは低く抑えて、暖まることもできるんです。 

手足が温まると、オイルヒーターもずっとつけっぱなしにしなくても済みます。 

最初だけつけて、全体が暖まったら消すなどして、節約していくことも可能です。 

タイマー機能もうまく利用したいところですね。 

部屋の中では、靴下をはく、一枚多く羽織るなどの工夫もできますね。 

私の場合は、起きたらすぐ分厚い靴下を履くようにしています。 

そして、一枚カーディガンを羽織ります。 

そうすることで、そこまで朝が寒いと感じることはありません。 

そのあとオイルヒーターをつけてしばらく部屋全体が暖まらないとしても、持ちこたえることはできます。 

本格的な寒さでは、欠かせない暖房器具、いろいろと工夫して付き合っていきたいです。