リビング暖房器具でおすすめなのは?赤ちゃんがいても安全!部屋中あたたか!

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s

寒い冬、暖房器具がなくては過ごしにくいですよね。

家電量販店に行くと、暖房器具の種類が豊富で、どれを選んでいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

また、赤ちゃんがいる家庭だと、安全な暖房器具を置きたいものですハイハイをし始めたら、何でも興味を示すものに近付いて、必ず触ります。

倒せるものは、必ず倒します。

赤ちゃんは何をするかわからないから、とても心配ですよね。

実際に、暖房器具による赤ちゃんの事故は毎年たくさん起きています。

そのため、使用する暖房器具については、赤ちゃんの安全を考えて慎重に選ぶ必要があります。

おすすめの暖房器具をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

 

リビング暖房器具でおすすめなのはこれ!~赤ちゃんへの安全性第一で選ぶなら~

赤ちゃんは、冬場は、室内が冷えていると、すぐ体温が下がって体調を崩してしまうので、暖房器具で室内を過ごしやすい温度に保ってあげることが大切になります。

赤ちゃんが過ごしやすい室温は18℃~22℃です。

では、その室温を保つための安全な、おすすめの暖房器具を2つご紹介しましょう。

①エアコン

一番のおすすめは、エアコンです。

エアコンのメリットは、部屋全体を早く暖めることができます。

また、温風の向きや強さを調整できます。

何よりも赤ちゃんの届かない場所に設置されているので、やけどの心配が全くありません。

エアコンは、長時間使うと、室内が乾燥してしまいます。

その場合は、加湿器をするか、濡れたタオルなどをかけておくのもおすすめです。

使用するときには、赤ちゃんのためにも掃除をして、清潔にした状態で使いましょう。

②オイルヒーター

次に、おすすめなのがオイルヒーターです。

オイルヒーターは、ヒーター内で温まったオイルが循環しているので、室内に排気が出ません。

部屋全体が暖まり、熱くなりすぎないので、赤ちゃんがいる家庭には安心です。

ただし、暖まるまでに時間がかかるので、タイマー機能などを使って、早めに部屋を暖めておくといいですね。

また、赤ちゃんをオイルヒーターの近くで寝かせると低温やけどになるリスクがあるので、少し離れた場所で寝かせるようにしてください。

 

赤ちゃんがいる家庭!寒い冬はどう乗り切ってる?

赤ちゃんにとって、冬に室内で過ごすときは、18℃~22℃、湿度は40~60%が快適な環境です。

服は何枚も重ね着をしたり靴下を履かせたりせず、動きやすい部屋着を心がけ、暖房などで室温を調節してあげます。

暖房をつけ続けていると室内が乾燥するので、赤ちゃんが脱水症状を起こしてしまいます。

適度に加湿・換気を行います。

石油やガスヒーター、ファンヒーターなどを使う場合は、室内に排気ガスを出してしまうので、一酸化中毒にならないように、定期的に換気を行いましょう。

赤ちゃんは体温調節をする機能が未熟なので、冬の睡眠時は必要以上に温めないようにするのがポイントです。

月齢が低い赤ちゃんはもちろんのこと、1~2歳くらいになっても、親が、室温や服装、布団などで調節することが大切です。

【まとめ】

赤ちゃんがいる家庭では、注意が必要な暖房器具もあります。

中でも石油ストーブ、ファンヒーター、ハロゲンヒーターです。

暖房器具そのものが熱くなるので、必ずベビーゲートを設置して、安全に使いましょう。

赤ちゃんがやけどしてしまったら大変です。

ハロゲンヒーターは軽いので、赤ちゃんが倒してしまう可能性があります。

少しでも危険のあるものは、子どもが小さいうちは控えておいた方が安心ですね。

こたつやホットカーペットも低温やけどの恐れがあるので、控えましょう。

これから、新しく暖房器具を購入しようと検討している人は、注意点を参考に、安全に使える暖房器具を選んでください。

何かあってからでは、遅いのです。

何かが起きる前に、安全対策を心がけたいですね。