卒園式と入学式に同じ着物はあり?同じ着物でも雰囲気を変える小技!

 0659d60fd29e0be5a4783a29b091bc7a_s

子供の卒園式や入学式に着物で出席している方を見かけると、「とても素敵だな!」って思いますよね。

訪問着は持っているもののなかなか着る機会がないので、いろいろ迷うことだらけだし。

着物だと浮いて見えないか?と、周りの人の反応なども気になります。

そして一番の迷いどころが、卒園式と入学式に同じ着物でもありなのか?なしなのか?です。

スポンサーリンク
 

卒園式と入学式同じ着物はあり?同じ着物でも帯や小物を変えるだけで雰囲気も変わる! 

卒園式と入学式に同じ着物はあり?・・・ありです!全然大丈夫です。

まず式典の雰囲気も全く違う物なので、同じ着物でも帯や小物などを変える方がその場にも合うのでいいと思います。

寒い時期に行われる卒園式には、道行コートや大判ショールなどが必要だと思うので、上に羽織るものがあるだけでイメージが違います。

正装は道行コートで卒園式ならば無地がよくて、大判のショールなら少しばかり高級感のあるものがいいかもしれないですね。

一方、入学式は季節的にも明るい感じなので、帯揚げなどをパステルカラーなどにして春らしい雰囲気で出席されると気分も違います。

肌寒い地方での入学式なら、羽織る物は白色などのショールもいいかもしれません。 

これだけは知っておこう!卒園式&入学式の着物選びマナー 

卒園式と入学式に着ていく着物は、訪問着・付け下げ・色無地など多く、付け下げや一つ紋入りの色無地は略礼装といい、今はそこまで気にする必要はないみたいです。

付け下げは、今はほとんど訪問着と同じで、色無地のほうは紋が入れば訪問着と同じですが紋なしでも今は大丈夫です。

訪問着は礼装ですが、控えめな柄などを選んだ方がいいでしょう、子供が主役の卒園式と入学式ですので。

着物選びのマナーとしては小物も注意してください。

半襟は基本的には白がよく色付きでも淡い色で、帯留めは最近の主流は平らな物が多いようです。

草履は、一般的に白が良く少し底の厚みがある物がいいそうです。

バックは、一番無難なのは和装のバックですが、フォーマルなバックも着物にはあいます。

バックで気をつけてほしいのは、ブランド品の物とゴテゴテしてる物は避けてください。

着物にも場の雰囲気にも合わなくなりますので。

まとめ 

普段あまり着る機会のない着物ですが、訪問着などをお持ちならぜひとも着ていただきたいです。

同じ着物でも卒園式と入学式で小物や羽織るものなどをうまく使い分けて、出席してもらいたいです。

着物を着ると立ち居振る舞いも自然と素敵になり、そんないつもと違うお母さんを見たら子供は大喜びすると思います。