【朝起きるコツ】携帯目覚ましを最大音量にしても起きれない学生さん向け!

ebf0f77a9141dbf992b3f53ff44ac0d5_s

あなたは朝ちゃんと目覚ましの音ですっきり起きれていますか?

目覚ましに気付かなかったり、スヌーズ機能を使って何度もアラーム音を止めてようやく目覚めたりということはありませんか?

特に学生さんの場合はついつい夜遅くまで友達と遊んでいたり、バイトやレポートに追われていたりと、睡眠時間が不規則になりがちです。 

リズムがくるってしまい、朝なかなか起きられず、1限目の授業に遅刻してしまうという人も多いのではないでしょうか?

ここではそんな学生さんのために、携帯の目覚ましよりも効果的ですっきり目覚められる方法をお伝えします。 

 スポンサーリンク

携帯目覚ましを最大音量にしても起きれない理由とは? 

朝、時間通りに起きるためには目覚ましは必需品ですよね!

特に今は携帯電話の目覚ましも色々と機能がついていて便利なので使っている人も多いのではないでしょうか?

しかしその携帯の目覚ましを最大音量にしても起きれない!という人も中にはいますよね。 

普通、最大音量なんてうるさくて自然と飛び起きてしまうのでは?と思いますが、中にはそれでも二度寝してしまったり、気づかなかったりする人もいます。 

では、なぜ最大音量にしても目覚ましに気付かないのか。 

その原因について見ていきます。 

まずは、睡眠の質に問題がある場合。  

睡眠の質が悪いと、どんなに長時間寝ても体は睡眠不足を感じてしまいます。 

眠りが浅く夢ばかり見てしまうタイプの人は疲れが取れず、朝も起きづらくついつい目覚ましを止めて二度寝してしまうということも多くなります。 

特に、不規則な生活をしている人や、過度なストレスを受けている人は自律神経が乱れやすく、そのせいで睡眠の質が悪くなることがあるので普段の生活を見直すことも必要です。 

次に、脳の反応の問題もあります。 

最初は大音量のアラーム音にびっくりして起きるということが続くかもしれませんが、人間の脳は残念なことに慣れていきます。  

個人差はありますが、脳がこの音は目覚ましの音だから大丈夫、危険じゃないんだと学習してしまえばそのまま眠り続けるということになります。  

これではどんなに音を変えたり、大きくし続けてもいたちごっこになってしまい、効果が継続できないですよね。 

 片っ端から試してみるべし!朝起きるコツ全公開! 

目覚ましで起きれないのならば、音以外ですっきり目覚める方法を考えよう!ということで、様々な「朝スッキリ起きるコツ」を紹介していきます。 

まずは、一般的によく知られている「光で起きる」ということです。 

これは、そもそも人間の脳が光を浴びると朝だと思い、自然と目覚めるという体の仕組みを使ったものになります。 

カーテンを全開にして、朝がきたら自然と太陽光が入ってきて目が覚めるという自然の流れに任せてもいいのですが、曇って太陽が出ない日や、冬なんかはいつまでも暗くて起きれない可能性もありますよね。 

そこで、光目覚まし時計というアイテムがあります!

これは通常のアラームではなく、設定時刻に起きられるよう徐々に光が強くなるというもので天候に左右されることなく朝日を浴びている感覚で目覚めることができます。 

また、光ではなく、振動で起こすタイプのものもあります。 

リストバンドのように腕に付けたまま眠ると、設定時間にバイブレーションが作動し、振動で起きるということです。 

そして、今はスマートフォンのアプリでもさまざまな目覚ましアプリが出ていますよね。 

普通にアラーム音を止めるためにボタンを押すだけでなく、シェイクしないと止まらなかったり、寝る前に撮った写真と同じ写真を撮らなければアラーム音が止まらないという変わり種のものまであるそうです。 

こちらは二度寝防止に良さそうなので自分に合ったもので試してみてください!

最後に、より良い睡眠のために、日ごろから心がけることとして

・寝る環境を整える(枕や寝具を自分に合ったものに変え、食事や入浴は就寝直前にしない)

・リラックスできる環境を整える(アロマや音楽でリラックス効果を図る)

・スマホやパソコンなどの画面を就寝直前に見ない

・アルコールやカフェインを摂らない

ということを意識的に行っていけば質の良い睡眠をとれるようになります。 

ストレスなどで自律神経が乱れているなと感じる人は特に生活の見直しから行ってみましょう。 

いかがでしたか?あなたに合うようなスッキリ目覚める方法は見つかったでしょうか?

大事な学生生活、時間を無駄にしないためにも朝からシャキッと行動できるようになるといいですよね。