喪服のとき、ネックレスは必要?ちょっぴり恥ずかしい体験談あり。

d867ac209fbdaef8edf917acd745735f_s

旦那のおじいちゃんの葬儀でやってしまったエピソード

先日、旦那の祖父が亡くなり、お通夜とお葬式に参加してきました。今まで、自分の親族のお葬式にしか参加したことがなかったので、よくわからなかったのですが、地域によって喪服のときにアクセサリーをつけるつけないが違うことがわかりました。

私の実家の方では、喪服のときにパールネックレスなどのアクセサリーをつけてる人よりつけてない人の方が断然多かったので、お葬式の時はアクセサリーがなくても大丈夫だったのですが、旦那のおじいちゃんのお葬式に出たときはみんなしっかり真珠のネックレスとイヤリングをつけていて、「やってしまったー」と思いました。

旦那のお義母さんが私がアクセサリーをつけていないことに気づいて、結局お義母さんのネックレスを借りる始末。旦那の妹も弟の奥さんもしっかりアクセサリーをつけているのに、旦那の嫁の私がつけていないというのはかなり恥ずかしかったです。情けなくもありました。

当然のことながら、翌日はネックレスをつけて、参列しました。イヤリングは買う暇がなく、目をつむりました・・・

スポンサーリンク

 

喪服のとき、アクセサリーは必要?

地域によってもアクセサリーに対しての考えは差があるみたいですが、つけてないよりはつけていた方が絶対にいいと感じます。実際、私もみんなネックレスをつけている中に一人だけつけていなかったので、かなり恥ずかったし、悪い意味で目立ってたと思います。

つけていく分には悪いことはないので、私はアクセサリー必須だなと思いました。アクセサリーをしなくても失礼ではないですが、つけるのが普通という人達の中にいれば常識から外れているような気分になります。

葬儀の前に親しい親族に聞いてみるといいかもですね。

 

葬儀のときのネックレスの選び方は?

パールネックレスにもグレーと白があって、弔事にはどちらがいいの?と疑問でした。弔事のときは、グレーでも白でもどちらでもいいそうです。ですが、結婚式などの慶事のときは、グレーは向かないとのことでした。

白のパールネックレスなら、結婚式でもお葬式でも使えて便利ですね。

 

葬儀のときのネックレス選びのポイントはまだある!

葬儀のときのネックレス選びには他にも注意するべきポイントがあります。下記にまとめてみました。

一連のネックレスが望ましい。

長さは40センチ前後。

7~8mmの粒の大きさが定番。

以上のポイントに当てはまるネックレスが葬儀には望ましいです。

 

お手頃価格なのに品質しっかり!冠婚葬祭用パールネックレスセットはここで買える!

※画像のクリックで商品の詳細ページに飛びます。