ライターを洗濯しちゃった!どう対処するのが正解?

ba183d2d1ae3f73309d9dd4010c2dff6_s

ポケットの中を確認しないままうっかり洗濯をしたら、とんでもないことになってしまうこと、ありますよね。 

洗濯物がティッシュだらけになったり、大事なメモがボロボロになったり・・・。

タバコを吸う人は、ポケットにライターを入れている人もいます。

そのままうっかり洗濯をしてしまったら、そのライターはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

うっかりライターを洗濯!どう対処するのが正解? 

まずは目で見て、ひびが入っていないか壊れたところがないか、よく確認してください。

もしもこの時点で、どこか破損しているところを見つけたら、そのライターは、もう使用してはいけません。

自治体のルールに従って処分する必要があります。

ライターを処分するために、中に残っているガスを抜きましょう。

・・・とはいうものの、

そのガス抜きの仕方がよくわからないですよね。

ガス抜きをするには、まず場所が大切です。

ガス抜きをする場所は、周囲に火気のない場所、火花が散るようなものが無い場所。

そして、風通しのよい場所で行います。

ガスへの引火を防ぎ、抜いたガスがその場に溜まらないようにするためです。

用意するものは、粘着力の強いテープ、もしくは輪ゴムを2~3本です。

いよいよ、ガス抜き作業に入ります。

まず、あらかじめ長めに切った粘着テープを、着火レバーに仮止めします。

それから着火レバーを押します。

もし火が付いたら、素早く吹き消してください。

着火レバーを押したままの状態をキープして、粘着テープで固定します。

輪ゴムを使う場合は、輪ゴムを着火レバーと指の間にはさんで着火レバーを押し、火を吹き消して、押したままの状態がキープされるように輪ゴムをはめて固定します。

シューという音がすれば、ガスが出ている証拠です。

このまま半日~1日放置します。

その後、もう一度テープや輪ゴムをはずして、着火レバーを押し、火が付かないことを確認したら、ガス抜き完了です。

後は自治体のルールにしたがって処分してください。

ライターのガス抜き詳しくはこちらで紹介されてます。

洗濯しちゃったライターはそのまま使っていいの?

見た目にこれといった破損がない場合、まだ使えるかもしれませんね。

水気を軽くふき取って、火気のない風通しのいい場所で、自然乾燥してみましょう。

早く乾かしたいからといって、ドライヤーは絶対に使用しないでください!

中に入っているのは高圧液化ガスです。

高温にさらしてはいけません。

自然乾燥で水気がしっかり乾いたら、着火レバーを押して火をつけてみましょう。

100円ライターといえども、耐落下性テストや、耐内圧性テストなどの安全基準をクリアしたものが、製品化されています。

問題なくつくようでしたら、そのまま使用して差し支えないと思います。

火がつかないようなら、着火させる部分が壊れているかもしれません。

安全のため、先程のようにガス抜きをして、処分してください。

その他にも、放置されているライターがあったら、子供やペットにいたずらされないうちに、正しく廃棄してくださいね。

ライターは、安全に取り扱いましょう。