職場のバレンタイン面倒くさっ!憂鬱な準備を少しでも楽にするためのアイディア!

 2edf97debdf138878e865b1991830a98_s

2月になると心ウキウキするバレンタイン!

でもこれが職場で配る義理チョコの事を考えると一転して、気分が落ち一気に面倒になってしまんですよね。

どこの職場でも毎年恒例になっていて自分だけしない・・・ってわけにもいかない、おまけにどこのお店もぎゅうぎゅう状態、考えるだけで面倒くさっ!ってなります。

そんな憂鬱を少しでも楽にするアイディア!をご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

 

職場のバレンタイン風習面倒くさっ!憂鬱な義理チョコ準備を少しでも楽にするアイディア! 

バレンタインの義理チョコなんて面倒な風習があるせいで働く女子は毎年大変なんですよね。

そもそもバレンタインは1958年に高級チョコレートメーカーのメリーチョコレートが伊勢丹で始めたのがきっかけで、1980年頃に、これまたお菓子メーカーが売り上げのために、義理チョコ販売を始めたことによって広まったらしいです。

この面倒くさい職場の風習、少しでも楽にする事を考えましょう。

一番手っ取り早いのは、いつも行くスーパーやコンビニなんかどうでしょうか?買い物ついでに買えます。

ラッピングもしてあるので待ち時間もあまりありません、必要な数を購入するだけです。デパートなどのようにわざわざいく必要がないので、時間の節約にもなりおすすめです。

お店に行く手間すら省く!面倒な義理チョコは通販で安く手軽にGET! 

義理チョコのためにわざわざお店まで行くのも面倒くさい!その手間も省きたいという方には通販があります。

何でも買える便利な通販、バレンタインの時期になると特にいろいろなチョコがあり、何と言っても届くのが早い。

毎日忙しくて「義理チョコ買ってない!」なんて女子にはいい買い方だと思います。

チロルチョコ・ブラックサンダーなど、毎年人気があるみたいです。義理チョコだとわかりやすくするために、大袋に入っているものを配るのですね。

めがねマーブルなども、おもしろくて可愛いと思います。

大袋や箱入りだと費用もかなり安くなり、大体相場の一人頭500円を切りお得になります、もらう相手の負担にもならなくていいのかもしれません。

まとめ 

会社によっては、バレンタインの義理チョコ禁止にしているところもあるみたいですが、まだまだ義理チョコの風習がある職場も多いと思います。

20代女子としては、バレンタインは本命に力を入れて楽しみたいところですが。少しでも楽に準備することで、職場の面倒な風習を乗り切りましょう。

職場の女子同士で相談しながらみんなで買うのもいいかもしれないです。