布団の素材で布団に潜むダニの数が違う!ダニが一番潜みやすい布団の種類はどれ?

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

綿や羽毛、布団の素材もいろいろありますが、布団の素材によってもダニが潜みやすい、潜みにくいがあるらしいのです。

ダニが一番好きな布団の素材は「綿」!

ダニは、「綿」でできた布団を一番好むようで、他の素材の布団よりも潜んでいるダニの数が最も多いそうです。

綿に続いて同じくらいダニが潜んでいるのが、冬に大活躍する「羽毛」です。続いて、羊毛、高密度繊維カバー布団の順で、綿>羽毛>羊毛>高密度繊維カバー布団となります。

一般的には布団に潜むダニは約32万匹と言われているそうですが、ケアを怠っている場合にはさらにたくさんのダニが潜んでいることと思われます・・・

長年使用している布団にはダニ以外にもたくさんの汚れが・・・

何年も使用してる布団にはダニ以外にもたくさんの汚れが詰まっており、それもダニが好む環境になっています。

数年、使用している布団には、

・汗

・皮脂

・フケやアカ

・食べ物カス

・カビ

・雑菌

・ダニ、ダニの死骸・フン

・花粉

・毛、ペットの毛

と、こんな感じでたくさんの汚れが付着しています。

5年間洗っていない布団がどれくらい汚れているかの実験で・・

5年間洗っていない布団と10年間洗っていない布団がそれぞれどのくらい汚れているか調べた実験した様子を見ましたが、正直ありえないほど汚かったです。

布団を浸した水は5年洗ってない布団も10年洗ってない布団もどちらも茶色くにごっておりました。特に、10年使用している布団は泥水のような汚れ。

子どもの泥んこ服を洗ったときと水の色が全く同じΣ(゚Д゚)これに包まれて寝ているんだと思うと、気持ち悪すぎます。

10年洗っていない布団の方が、汚れの度合いがひどかったですが、5年洗ってない布団もなかなかの汚れでしたよ。汚れの色を例えると、ほうじ茶のような色合い・・・ゾッとします。。。

やはり、布団は毎日使うものだから、汚れてないように見えても目には見えない汚れがたくさんついているってことですね。

こういう汚れがダニをもっと増やす原因になってしまっているんでしょうね・・・

布団はクリーニングでキレイに!

上記で洗ってない布団がいかに汚いかはだいぶおわかりだと思うんですが、そうはいっても、家で布団を洗うってなかなか厳しいですよね。

たまにテレビでおうちのお風呂で掛け布団を洗ってる様子を見かけることもありますが、かなり大がかりで大変そうでした・・・

家庭で洗うのは大変なので、お布団はクリーニングを利用するといいです。クリーニング屋に持ちこむのもありですが、ネットでクリーニングを申込みできるサイトなんかもあります。

ネットで布団のクリーニングを申し込むと、自宅に布団キットが届き、それに布団を入れて、宅配業者さんに集荷してもらい、クリーニングしてもらうという手順です。

自分が重たい布団を運ぶことなく、布団をクリーニングしてくれ、キレイなお布団が届くというわけです。

ご家庭の布団に合った洗剤、洗い方で布団を丸洗いしてくれ、ダニの死亡率も100%だそう!布団の汚れが気になる、この先も同じ布団を使い続けたいという方は布団クリーニング利用してみるといいかもしれません。

▼関連記事▼

https://shuhunonayami-sukkiri.info/2016/11/13/post-826/

https://shuhunonayami-sukkiri.info/2016/10/27/post-638/

https://shuhunonayami-sukkiri.info/2016/09/07/post-411/