会社のバレンタインが面倒!離脱するためにはどうしたらいい?

a90ab494b13211c652e31261d498139e_s

「毎年2月14日のバレンタインデーは、何曜日?」なんて気にしていませんか?

土曜、日曜のお休みの日だと「バレンタインのチョコレートを会社の人に渡さなくて済むからうれしい!」なんて声もよく聞きます。

バレンタインって、正直、面倒です。

チョコレートを女子みんなで買って、各部署に配りに行こうなんて、面倒過ぎます。やろうと言い出すのは、毎年同じようなメンバー。中には、先輩もいるし、今更、「私は遠慮します」、とも言えない。

チョコレートを渡そうという人たちは、これからもずっと会社でお世話になるし、上司にも好かれたいし、いつもの感謝の気持ちを伝えようとします。それは、素晴らしいことですが、会社よりプライベートを大事にしている身からすると、面倒だし、そのお金があったら、好きな恋人や夫に高級なチョコレートを買ってあげたいです。子どもがいたら、なおさら。無駄遣いとしか考えられません。

そんなバレンタインを憂鬱だと思っているみなさん。思い切って離脱しましょう。一度きりの人生、そんな小さなことで悩まなくていいと思います。これから、離脱の方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

 

 

会社のバレンタインが面倒になってきた!バレンタインから離脱するためには?

個人で渡す場合は、離脱方法は簡単です。「私はやめる!」でいいと思います。もらった方も、誰にもらったかなんてそんなに重要視していませんから。

少し難しいのが、グループで渡す場合です。でもよく考えてみてください。そもそも、みんなも本当は、面倒だと思っているのではないでしょうか。ただ、言い出せないだけなのではないでしょうか。みんなであげる場合、もらった方も誰に感謝すればいいか曖昧になりますから。

毎年、チョコレートを準備しようと言い出す人が先輩かもしれませんが、思い切って相談してみてはいかがでしょうか。「お返しも大変だとよく聞きますし、今回から義理チョコは廃止にしませんか?」と。もしそれで、だめだと言われたら、もらう側の男性上司に相談してもいいかもしれません。「〇〇部長もお忙しい中、お返しが大変ですよね?!みんなで毎年渡しているバレンタインチョコ、廃止にしようかと考えているんですが・・・。」と。上司も「そんなのやめていいよ。やめよう。」と言ってくれる可能性が大きいです。なぜなら、もらう男性側も正直、面倒だと思っているからです。

男性はチョコいらない派の方が多い!?

バレンタインのお返しって大変なのご存じですか?ほかのあの人はどんなお返しをするんだろうと変な気を遣わないといけませんから。家族がいる人なら、奥さんに買ってきてと頼んでいることでしょう。頼まれた奥さんも、「会社の人によく思われたいから、ちゃんとしたものを探さないと!」なんてつい頑張ってしまいます。大変以外の何物でもありません。これを“ありがた迷惑”というんです。

唯一もらって喜ぶ人がいる!

そうはいっても、喜ぶ人がまれにいます。それは、独身で年配の人たちです。お返しも頑張っておしゃれなお返しをと頑張ってくれます。ありがたい存在ですね。でも、よく考えてください。この人たちのためだけに、私たちの時間と労力まであげちゃっていいんですか?

【まとめ】

どうしてもバレンタインのチョコをやめると言い出せない、勇気がない人は、このように考えてみてはどうでしょうか。バレンタイン以外の会社の行事でその分頑張ってみるのはどうでしょう。協力する部分は全力で協力していれば、バレンタインをスルーしたとしても人間関係はうまくいきます。バレンタインなんて、全く重要な行事ではありません。バレンタイン以外の部分で、人から信頼を得られるように頑張ってみてはいかがでしょうか。