甘党主婦、砂糖断ち中!はちみつと砂糖の違いを知ったら、お菓子がやめられなかった原因判明!

8cd8c7d8c4e77ec3bc7cdb4254218a93_s

今、砂糖断ちの真っ最中です。砂糖断ちのスタートを切るまでめちゃめちゃ苦労しましたが、砂糖の代わりにはちみつを使うようになってからは、順調に砂糖断ちできています。

砂糖断ちにはちみつを使っていいのはなぜ?

砂糖断ちといっても、甘いもの全部がNGってわけではないんです。はちみつはOK!はちみつはお料理にも合うので、甘党な私にはすごく重宝しています。

でも、砂糖もはちみつも同じ糖分でできているのに、砂糖はだめで、はちみつはOK。不思議ですよね。調べてみたら、砂糖とはちみつは同じ糖分でできているんだけれど、その成分にちょっとした違いがあるみたいです。

はちみつと砂糖の違いって?

はちみつと砂糖の違いを調べてみました。はちみつも砂糖も糖分でできていて、大半が炭水化物に分類されるみたいです。

砂糖は、ブドウ糖と果糖が結合したショ糖からできていて、体内に吸収されるには、一度分解されてからエネルギーになるみたいです。

この一度分解されるというのがクセモノで、ショ糖が分解されるときには、体内のビタミンB1やカルシウムを使って分解され、エネルギーになるそうなんですよ。これが、血糖値が安定しない原因みたいで、お菓子食べたりしても物足りなくて、もっと食べたいと我慢できなくなってしまうみたいです。

砂糖をやめて、はちみつを使うようになって急にお菓子が我慢できるようになったのはこれが原因だったみたいです。

しかも、砂糖の糖は、エネルギーとして使われずに余ってしまうと脂肪として体の中に蓄積していくそうなので、ダイエット中は特に天敵ですね・・・

はちみつにはどんな栄養が含まれてる?

砂糖はダイエットの敵だなという印象しかないんですが、一方ではちみつはというと、ダイエットにも適してるし、栄養価も高いんですよね。

はちみつの大半は砂糖と同じ糖でできていて、同じ炭水化物なのは変わりないです。だけど、はちみつの糖は、ブドウ糖と果糖の2つの成分からできているんです。単糖っていうみたいですね。

それから、糖だけではなく、ミネラルなどの成分も多く含まれているものも多いので、栄養価が高いといわれているみたいです。

砂糖よりもカロリーが低くて、甘さも砂糖の1.5倍。はちみつは、単糖でできているので、体に吸収されるのに時間がかからず、砂糖と違って脂肪になりにくく、太りにくいそうですよ。

砂糖よりも少ない量でより甘みを感じられるので、お菓子やジュースなど甘いものがやめられずに困っているダイエッターにとっては、はちみつすごくいいと思います。

ただ、はちみつに含まれている果糖は温度が高いと甘味を感じにくいそうなので、お料理や飲み物などに入れるときは入れすぎに注意しないとです。

はちみつを摂りすぎるとどうなる?一日の摂取量はどのくらい?

砂糖もそうですが、はちみつも過剰摂取はよくないみたいです。はちみつの1日に適切な摂取量は、スプーン数杯程度。大体、2~4杯を目安に摂取するといいそうです。

はちみつには、果糖が含まれています。果糖は摂りすぎても、糖尿病の原因にはならないといわれているそうなんですが、肝脂肪として蓄積しやすいので、高脂血症の原因にはなるとのことらしいです。

適度な量のはちみつは肝臓の働きを高めてくれるそうなんですが、摂りすぎると脂肪になってしまうみたいですね。

結局、はちみつに限らず、どの食品も摂取量が多すぎるのはNGってこと。バランスが何より大事だなと改めて思います。